MTB26インチホイール設計のフレームに、27.5インチのホイルタイヤを装着するとどうなるか

今回、不良在庫のフレームをメインの自転車にすべく、ダートモアのリジットフレームをバラバラにしたモンゴリ店長です。

新しく組むフレームは、2006年ごろのVPFREEというサンタクルズのフリーラードのMTB。

くっそ重いです。これで、登れるのか?と疑わしくなる重さです。気合を入れないと持ち上がりません。

このフレーム、企画が古るくてもう売れないと判断。しかし、ほぼ新品というので、乗らないのはもったいない。そのため、マイバイクにしちゃいました。もともと、ジャッカルという同じメーカーの自転車をのって、サンタクルズのかっちこっちの乗り味が大好きになっていたので、なんだかんだ理由をつけて自分で乗ることにしました。

しかし!!せっかく組むのなら、最近のはやり、メジャーなパーツで組んでみたい。それが人情というもの。

実際、フォーク以外は難なくアップデート可能です。カセットも、MTBの場合、フリーを変えることなく11sまで対応できます。12はさすがにフリーを変えないといけないっぽいですね。

フォークは、どこを探してもテーパー企画ばかり。osのヘッドなので、あきらめるしかありません。

で、本題のホイールを27.5ですが、結論から言いますと、装着可能です。

ロックショックのフレームはlowlagの構造上、ギリギリか、当たりますが、僕の愛用しているmarzocchiは(日本に代理店はすでにないようです)余裕ではいりました。

後輪は、フレームの設計にもよりますが、入ってしまえば何とかなるでしょう。

しかし!!2輪の場合、ただただホイールを変えてしまえばいいというものではないのです!!

昔乗っていたアメリカンバイクを、チョッパーにしたくてちょこっとだけ勉強したのですが、2輪にはトール角というもの(名前ちがっていたらすみません)があり、トール角を地面まで伸ばしたところから、ホイールの地面接地面までの距離が非常に重要になります。

とりあえず、バイクをチョッパーにしてフォークだけをロングにした場合、まっすぐ走る分にはおそらく問題ないですが、きっと曲がることができないでしょう。

逆に、短すると、クイックにハンドルが切れて曲がれるでしょうが、まっすぐ走ることは困難となるでしょう。

これと同じことが、ホイールを変えることによって起こるはずです。

ホイルの外径が大きくなるのですから、ヘッドチューブの角度が変わり、トール角が変わるということですね。ほんのちょっとの差ですので、走れなくはないでしょうが、クイックに曲がらずコーナリングスピードが落ちるか、直進安定性がなくなり、乗れたものじゃなくなるか。どちらかでしょう。

下に、簡単な図を作ってみました。

150ミリのフォークに26インチのホイールをはいて、黄色と黄色の線の間の距離を測ります。これが、トール角の距離?みたいなものです。勉強不足ですみません。

画像は実寸の1/10のサイズです。そして、トール角の距離が、117.85mm


この図が、200mmのフォークに26インチのホイールをはかしているもので、

トール角の距離が129.66mm

つまり、対応ストローク150mmから200mmの設計フレームであれば、

117.85~129.66までのトール角の距離が27.5インチのホイールをはかしたときに入ってれば、そんなに違和感なく乗れるということです。

そしてこれが200mmストロークのフォークに27.5インチのホイールをはいたストローク角の距離です。138.09mm!!

残念!!距離が長いということが、曲がれないのか、まっすぐ走れないのかわかりませんが、何かしら影響するということでしょう。

その差は、2.43mm!!しかし安心してください!!150mmと200mmのトール角の距離の差は、11.81mm。ストロークを減らせば、行けるかもしれません。また、27.5用のフォークはホイール軸が26インチよりも少し斜め下へ伸びているので、フォークを変えてもいける可能性があります。

結論、対応ストロークが多いいフレームなら、行けるかもしれない!!

また、フォークを29erもしくは27.5用のものに変えれば、行けるかもしれない!!

後ろを26インチ前を27.5インチはおそらく危険です。やめましょう

逆に後ろを27.5インチ、前を26インチはもっと危険です。

前後同じサイズにすることが、曲がれて、まっすぐ走れる自転車を作る最低条件な気がします。


あくまでの、素人が素人なりに勉強し、イラストレーターで線自転車を作って、線の距離を測っただけですので、実行するときは自己責任でお願いします。

MONGORIDAX

ミニ四駆の初心者も玄人さんも みんなが和気あいあいと楽しいお時間をお過ごしいただける空間をご提供しております。 楽しくミニ四駆をしたい方、初心者の方、お気軽にお越しください。 きっと、居心地が良すぎて時間を忘れてしまうでしょう。

0コメント

  • 1000 / 1000